名古屋大学大学院環境学研究科
地球環境科学専攻
気候変動復元解析グループ
(中塚・阿部 研究室)

★樹木とサンゴの年輪同位体比を使って、海陸双方の気候変動を復元・解析している、
日本で唯一の研究グループです★


2009年4月11日山の上グランド
左から(横井・中塚・星野・高野・森本・阿部)


グループの趣旨
地球温暖化が未来の気候に及ぼす影響を正確に予測するには、過去に実際に温 暖化が起きていた時代(中世温暖期、完新世前期、鮮新世・中新世等)に、ど のような気候変動が生じていたかを知ることが一番の近道です。また、地球が 寒冷化した小氷期や氷河期の気候変動を再現することも、気候モデルなどによ る将来の気候の予測能力向上に役立ちます。現生及び地層に埋没した樹木やサ ンゴの年輪は、過去の気候を正確に復元してくれる最も良く知られた媒体の1 つですが、その中に含まれる酸素や炭素、水素の同位体比、微量金属などか ら、遥か昔の気候変動を週〜年の単位で正確に復元できる技術が開発されてき ています。現在、それらの技術を、日本及び周辺地域・海域から採取した様々 な時代の年輪試料に応用して、古気候の精密な時空間変動マップを作製し、解 析する研究を進めています。これらの研究では、.森林やサンゴ礁でのサンプリ ングや水文・炭素循環観測から、樹木やサンゴの生態解析、同位体・微量金属 分析法の開発、気候データの解析に至る様々なスキルが身に付きますので、多様な分野からの人材の参加を期待しています。

NEWS

2009.4.1 理学部地球惑星科学科4年の高野宏太さんが研究室に加わりました。
2008.10.1 約1.5年の個人研究室状態を経て中塚武教授が着任しました。
そこで中塚さんと”気候変動復元解析グループ(仮称)”を立ち上げました。
2008.9.27〜29 理学部フィールドセミナ(三重大学勢水丸乗船実習;阿部・横井・星野参加)

2008.9.22 江口景子さんの論文がRCM誌に出版されました。
2008.9.20 日本地質学会(秋田)にて横井さん口頭発表。
2008.8.21江口景子さん卒業論文研究の
Rapid Communications in Mass Spectrometry誌への掲載が決まりました!!



2007年11月@渥美半島(研究室巡検;各自の研究とはほぼ無関係でしたが、さすが全員地学系出身!)

2005年6月@宝島(阿部・森本・小林参加;写真左は安達さんと阿部、中は森本とへき地診療所、右は森本・小林と牛)

お問い合わせは、

(阿部 理)まで。

過去の画像

2008.4.4お花見(山の上2008member.JPG へのリンクグラウンド;左から森本・星野・阿部・横井・Sarma)

2006年11月@釜石鉱山(阿部・森本・江口参加;1は名城大臼井くん、2は同浅野くん)  
2007年度研究室メンバ(2007年4月6日お花見)