メンバーと研究内容(随時更新中)

中塚 武(地球環境変動論講座 教授)

研究内容及び業績

阿部 理(物質循環科学講座 助教)

研究内容および出版物 こちら

森本 真紀(研究員)

研究内容
研究業績

星野 弘幸(M2)

卒業論文:水と無機化合物の水和水の間の酸素同位体分別(名古屋大学理学部)
研究業績:

横井 大作(M2/熱田高校定時制教諭)

研究内容
研究業績
学会発表
横井大作・阿部理.伊勢湾・三河湾における現生底生有孔虫群集の分布.2008年度日本地質学会第115年学術大会,秋田,2008年9月
横井大作・阿部理・井龍康文.伊勢湾・三河湾における現生底生有孔虫群集の分布.日本古生物学会2009年年会,千葉,2009年6月

高野 宏太(B4)

研究内容
研究業績

卒業生
小林文恵(H18年度博士前期課程卒;現日産自動車株式会社)
修士論文:南西諸島におけるサンゴ年輪の安定同位体による過去100年間の海洋変化
研究業績
小林文恵・堀和明・飯嶋寛子・茅根創(2007)ケニアサンゴ年輪の蛍光強度と降水・河川流量変動.名城大学理工学部研究報告,47,122-127.
学会発表
小林文恵・阿部理.南西諸島与那国島近海の造礁サンゴ骨格年輪の安定同位体比分析による海洋表層環境変化の復元.2006年度日本地球惑星科学連合大会,千葉,2006年5月
小林文恵・阿部理.南西諸島与那国島の造礁サンゴ骨格年輪の安定同位体比分析による海洋表層環境変化の復元.2006年度日本海洋学会秋季大会,名古屋,2006年9月
Fumie KOBAYASHI and Osamu ABE. Past environmental reconstruction by coral annual bands collected near the Yonaguni Island, southwest Japan. 2006 AGU Fall Meeting, San Francisco, USA, December, 2006.


江口 景子(H19年度博士前期課程卒;現中部電力株式会社)
修士論文:粒径別に評価した雨滴の酸素・水素安定同位体比
研究業績
Keiko Eguchi, Osamu Abe, Tetsuya Hiyama. Weight loss and isotopic shifts for water drops frozen on the liquid nitrogen.
Rapid Communications in Mass Spectrometry, 22, 3233-3237.

学会発表
江口景子・阿部理・檜山哲哉.液体窒素で水滴が氷結するときの水素及び酸素同位体比の変化.日本気象学会2006年度秋季大会,名古屋,2006年10月
江口景子・阿部理・檜山哲哉.液体窒素で水滴を氷結させたときの水損失及び水素・酸素同位体分別.2006年度日本質量分析学会同位体比部会,栃木・日光,2006年11月!!!!口頭発表賞受賞!!!!
江口景子・阿部理・檜山哲哉.粒径別雨滴回収法及び雨滴一粒での酸素同位体比分析法の開発.2007年度地球惑星科学連合大会,千葉,2007年5月

江口景子・阿部理・檜山哲哉.雨滴の粒径別同位体比分析.2007年度日本質量分析学会同位体比部会,北海道・札幌,2007年10月

お問い合わせは、

(阿部 理)まで。